FC2ブログ
05.09
Sat
腰を痛めた原因に『工作』と書きましたが、
数名の方から「気になる」と言っていただきました♪
そこでその工作ができたので公開しちゃいます(^皿^)

粗は目を瞑ってください(笑)


作ったのはコレです!!
IMG_6351.jpg

なんだかわかりますか?


あっ、タイトルに出しちゃってるか(爆)
そうです車用のケージです(^^)


完成間近になってボーにも入ってもらいましたが
お気に召してくれたようです♪
IMG_6346.jpg


ではなぜ車用のケージが必要かと申しますと、
ボーソー号(ソーはチビの名前の一部^^)は荷台の奥行きがとっても少ないのです。
しかも後部座席が斜めに入ってきているので、
バリケンも横置きにしか置けません。

IMG_6353.jpg

見てわかるようにボーの出入りを考えると、荷台に荷物ってほとんど置けないんですよね。
で、暑くなると荷台にはクーラーの冷気が回りにくいため、後部座席を倒して縦置きにしていたんですが、
荷台と倒した後部座席の高さが違う上に、1シートの幅では全然足りない。

なので荷台に板を数枚置いた上にスノコを置いて高さ調整をした上に
2シートの方を倒してバリケンを縦置きにしていました。
しかもクーラーの冷気を入れるために、入り口は前向きにし、
その結果ボーは後部座席から出入りしてました。

そして秋にチビの誕生です。
これによりチャイルドシートを使用しているので、できれば倒すのは1シートの方にしたい。
それから出入りはリアからがいい。

という事から、ちょうどいいサイズのバリを探していたんですが、
もちろんそんな都合のいいもの見つからずでして(^^;)
折りたたみのいいのがあったんですけどね〜。でもサイズが合わなかったんです><
それなら自分で作るか〜となった次第です。
……説明が長くてすみません(汗)


で、座席側はこんな感じです 。
IMG_6352.jpg
柵がある部分が1シート分のところにはまってきます。
凹んで斜めっているところはシートに合わせて作りました^^


というわけで、ガコッとはめてみるとピッタリ!!
よかった(^3^)~♪
IMG_6357.jpg


ここでもボーに乗ってもらいました♪
IMG_6359.jpg
ちょっと気になっているようですね^^

高さを持って作ったのでボーも少し余裕がありそうです。
IMG_6363.jpg

リアを閉めるとこんな感じです。
これもピッタリです^^
IMG_6361.jpg


このケージを設計するときに、ピッタリにはまることはもちろんですが、

通気性がいい
光が入りすぎない

を大事にしたので、前後と上がネット&柵になってますが、
リアドア側と天井はほぼ壁の近くなので光はだいぶ遮断できます。
あ、上の方から写真を撮っているので天井のネットが見えますが、
真後ろから見るとネットは見えません。
この斜めの板でリアウィンドーからの光はだいぶシャットアウトできるようにしてます。
そして側面にはあえて窓はつけてません。
光を減らすのと、隣に荷物を置いたときに気にならないようにするためです。

という感じで作りました(^▽^)

3月位に作ろうと考えて、やっとこさ完成にこじつけました!!
基本的な材木は家にあったものを使用。
なので壁板は以前まで使ってたボーのケージの床板。
だから匂いはボーの匂いでそれも安心するみたいですね(笑)


設置して早速、ビバホームと公園にドライブ。
これまで横置きだったときはピーピー泣いてたボーでしたが、
今日は安心して乗っててくれました^^

IMG_6364.jpg

ま、ココから出せアピールは相変わらずでしたけどね(爆笑)
IMG_6365.jpg


というわけで、長い工作作品発表会でした(^◇^;)

間近で見ても「ショボッ」と言わないでね〜><のポチ
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

あ、この色はDIY御用達のアンティーク調に仕上がる「WATCOオイル」を使用しました。
かーちゃんに「なんでこんな(汚い)色にしたの?」言われました(;_;)
ステンシルはよさげなフォントを探してきてプリントアウト、クリアーファイルを切り抜き
白でスプレーしました。
サイドは板がなんだかインクをはじいてしまい、気づかずにたくさんふりかけた結果、
超垂れて泣きました(T_T)
これも味ってことで。

前には「Border Collie Bo」
側面には「Born on March 29, 2013.
Family from October 6, 2013.」

と入ってます。
誕生日と家族になった日です。
こんな感じの仕上がりです!
これやってて腰を痛めました(爆)

いつもご訪問ありがとうございます♪
スポンサーサイト



comment 16 trackback 0
back-to-top