--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.05
Tue
こんばんは。

ちょっとお久しぶりです^^;
お仕事がバタついていて更新どころか他の方のブログも読めてないです。

最近のボーですが、膿皮症がまた出て来てしまって、薬用シャンプーの他に
お薬も朝と夜、飲んでいます。
本犬はいたって元気なんですけどね、ときどきカイカイとしているので、
早め早めの治療をしています^^

元気ですよ〜
僕は元気〜♪

さて僕は最近、一冊の本を読みました。

『走ろうぜ、マージ』

という本です。
8年前に刊行されこの度文庫本となったところで手に取りました。
だからすでに読まれている方も多いかもしれませんね(^^;
作家は馳星周さん。不夜城などで有名なハードボイルド系の作家さんです。
馳さんはバーニーズ・マウンテン・ドッグのカイヌシさんとしても有名ですね。

走ろうぜマージ

その一番最初に飼われたマージとの最後の94日間を日記形式で
綴っています。

ラストは残念ながら分かっています。。

不夜城などの本のように馳さんは夜のネオンが似合う金髪の人です。
その人がマージの余命を知り、猛暑の夏を東京で過ごさせたくない、という思いから
軽井沢でその夏を過ごします。

その介護、頭が下がります。
馳さんやご夫人はほんとうに一生懸命、マージを見守り、支え、献身的に看病してます。
それが大げさにではなく、淡々と日々の日常として書かれてて、より一層現実的な感じがしました。
日々のブログを読んでいる感じです。
もしかしたらワンコブログを書いている人、読んでいる人はより実感として
その日常を想像できるかもしれません。
なぜなら終わりがないんですよね。
マージの後も馳さんとわんこたちの生活は続いていくのが分かるからです。

マージがご飯を食べた事で喜び、おしっこをしてホッとして、
ウンチを褒めて……、しっぽを振った事に感動する。

ボーが僕に当たり前にしてくれていること全てが当たり前ではなく
特別な事なんだな、と思わせてくれました。

今の僕にとってはとても素敵な本でした。

あ、僕が一番泣きそうになった(泣いた)場面はいっぱいありますが、
実はすべて読み終わった後、改めてタイトルを見た時が一番ダメになりました。


なお馳さんは現在もバーニーズをずっと飼っていて、Photoブログを書います。
ワルテルとソーラとアイセと小説家
素敵な写真がいっぱいで内容も面白いです♪

本の中では軽井沢にこだわるのは東京に近いから。
北海道出身で田舎がイヤで飛び出したから田舎には興味ない、と豪語していた馳さんですが、
今では軽井沢に完全に移住。
夏場のオンシーズンはさらに田舎に避難している位になったそうですよ(笑

走れボー
ボーもずっと走っていてくれよな!!

元気が一番!のボーにポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://ishijiro2.blog79.fc2.com/tb.php/149-bcfc6c25
トラックバック
コメント
ボーパパさん、お忙しそうですね~

お疲れ様です^-^

なんだかタイトルだけ見ても泣けるお話?
と分かるような感じがしますね。

動物と子供の物語に弱いので、テレビでも
つい、避けてしまいます(T0T)
ブログに飛んでみましたが、写真が綺麗なんですね~

ボーパパさんも素敵なカメラ持ってらしたので
ボーちゃんをパシャパシャ撮ってあげてください。
パパさんのボーちゃんに対する愛は、見ていて
とっても良く伝わりますよ~優しい対応で頭が
下がります・・・

膿皮症ひどくなると水遊びができなくなるので、
早く良くなるとイイネ、ボーちゃん♪
メルママ | 2014.08.06 18:42 | 編集
>メルママさん
おはようございます!
返信遅くなってしまってすみません(>_<)

本は悲しくなる、というより頑張れ頑張れ!となりました。
愛犬が死に向かって行く中でのカイヌシさんの葛藤や努力、ワンコの頑張りが胸を打ちました。
エサとか参考になりましたよ(^^)
メルママさんのカメラも立派じゃないですか!
僕もメルママさんのカメラと最後まで悩んだんですよ(*^◯^*)
ボーの膿皮症は少しずつ良くなってるようです。
早く治して水遊びに連れて行ってあげたいです♪
いしじろ | 2014.08.08 08:18 | 編集
6日にお友達バーニー君が亡くなってしまいました。
まだ5歳、最後のまで笑ったブログ、なんて親孝行な子。
病がわかったときには余命宣告されて。
いっぱいおいしいもの食べて、いっぱいお友達と遊んで、いつも家族と一緒にいて。
当たり前のことが、こんなに幸せなんだって感謝し忘れていることに気づきました。
この気持ち、大事にしていきたいですね。
JUDY&JOYママ | 2014.08.08 17:13 | 編集
> JUDY&JOYママさん
そうだったんですね。寂しいですね。
5歳。早いなあ。

バーニーは10歳以上生きれば神の贈り物、と言われているそうですね。
ボーにとってもバーニーは特別なんです。
ボーがいたショップに週末トレーナーさんがバーニー君を連れて来てるんです。
ノーリードでほんとうに穏やかな子で、ショップの通路のケージに入っていた
ボーにとってそのバーニー君が唯一の触れ合えるワンコ友達だったみたいで^^
今でも会えばシッポちぎれるくらいに喜んでます。

わんこが当たり前のようにくれる笑顔や表情を大切にしたいですね^^
いしじろ | 2014.08.08 21:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。